ここから本文です

豊洲新市場の地下水から微量ヒ素検出 共産党発表

日刊スポーツ 9月17日(土)10時0分配信

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の建物下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で、共産党都議団は16日、都庁で会見を開き、青果棟の地下空間で採取した水を調査した結果、環境基準値を下回る微量のヒ素が検出されたと発表した。ヒ素は雨水に含まれることはなく、たまり水は汚染された土壌から上がった、地下水に由来したものであると指摘した。

【写真】盛り土問題、専門家会議を再設置「可能性を検討」

 豊洲市場の地下空間のたまり水から、環境基準(1リットル当たり0・01ミリグラム)の4割に当たる、0・004ミリグラムのヒ素が検出された。共産党の曽根肇都議は「(水は地下空間に)推定で2000トン以上たまっている。環境基準値以下とはいえ、かなりの量のヒ素、有害物質が含まれているのは間違いない。人体への影響に問題がある」と訴えた。

 重要なポイントとして挙げたのは、ヒ素は雨水に含まれないということだ。同党は、日本環境学会元会長の畑明郎氏から「ヒ素は雨水に含まれていないので、地下のたまり水が地下水由来のものであることを示す」との見解を得ている。

 視察の際には水にリトマス試験紙を浸す簡易検査を行い、強アルカリ性を示したと明らかにしたが、民間企業に委託した今回の検査ではベンゼン、シアン、六価クロムは検出されなかった。畑氏の見解では地下水が長い間たまり、蒸発した可能性があるという。

 同党によると、07年に豊洲を調査した際も地下水は強アルカリ性を示した。また東京ガスの従業員から、石炭を焼いてガスを取りだした後の廃棄物を地下に廃棄したとの証言を得たといい、燃えかすにはベンゼンやヒ素が含まれるという。

 曽根都議は「ヒ素は(ベンゼンなどのように)揮発性がなく、水に溶けて残る性質が強く出た可能性が高いが、まだ不明な点も多い」と説明。別の都議も「都は地下に通じる階段、各建物内の大気環境調査も含め継続、全面的な調査が必要だ」と指摘した。

 都は雨が浸透して地下水が上昇しないようにする地下水管理システムを10月中旬から本格稼働させる方向だ。ただ共産党は、都が工法を決めた地下空間の構造が、四方をコンクリートで囲わず、下は採石層のままだったと指摘。下にコンクリートを張ったのは、施工業者の判断で「地下水が余りやすい環境だったと思われる」と批判した。

 ◆ヒ素 地殻中に広く分布する元素で、火山活動や森林火災などで自然環境に放出される。このためコメや海藻などのさまざまな食品にも微量が含まれており、ヒジキは比較的濃度が高い。強い毒性を持ち、濃度の高いものは農薬、殺鼠(さっそ)剤、木材防腐などに使われ、毒劇物取締法で毒物に指定されている。環境基準値は検液1リットル当たり0・01ミリグラム以下。

最終更新:9月17日(土)17時12分

日刊スポーツ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。