ここから本文です

IOC会長「容認できない」=WADAデータ不正入手

時事通信 9月17日(土)12時52分配信

 ロシアのハッカー集団が世界反ドーピング機関(WADA)のネットワークへ不正にアクセスして、内部文書を盗み取った問題で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は声明を発表し、「医療情報の秘匿を破るもので、容認できず言語道断。無実の選手を汚す企てだ」と非難した。AFP通信が16日に伝えた。

 13日にハッカー集団が不正アクセスで機密文書を入手したことが発覚し、WADAが被害を公表。WADAは14日に8カ国25選手のデータが新たに漏えいし、16日にも5カ国11選手のデータが漏れたと公表した。

 バッハ会長は声明で「IOCは不正漏えいへのWADAの対応を全面的に支援する」と述べた。 

最終更新:9月17日(土)12時54分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]