ここから本文です

移転延期の余波…「築地魚河岸」来月の開業を延期

日刊スポーツ 9月17日(土)10時0分配信

 築地場外市場に来月15日オープンを予定していた商業施設「築地魚河岸」が、盛り土問題など移転をめぐる混乱の余波を受け、11月19日に開業を延期することが16日、決まった。

 場外は、築地市場(場内)の移転に関係なく築地に残るが、場内の移転で築地イコール魚河岸のブランドイメージが危うくなることを懸念した中央区が35億円をかけて「築地魚河岸」を建設した。水産仲卸49社、青果仲卸7社が入居し、市場移転後も築地でこれまで通り仕入れができるようにする施設だ。

 しかし、入居する56業者のほとんどは場内に店を持っており、移転を見越して「築地魚河岸」への出店を決めた。移転延期で場内、場外の狭いエリアに複数の店舗を抱えることになることから、開業延期を求める声が上がっていた。

最終更新:9月17日(土)10時3分

日刊スポーツ