ここから本文です

米軍、地上でもトルコ軍を支援 空爆ではIS幹部殺害

朝日新聞デジタル 9月17日(土)16時50分配信

 過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦で、米特殊部隊がシリア北部に展開するトルコ軍への地上での支援を始めた。AP通信などが16日に伝えた。米軍は空爆支援をしてきたが、地上でのトルコ軍支援は初めて。特殊部隊は数十人で、訓練や助言を任務としているという。

 トルコ軍は8月下旬にシリア領内に侵攻し、ISの拠点を制圧して、駐留を続けている。米軍の地上での支援は、IS支配下にある地域をさらに制圧するためとみられる。

 また、米国防総省は16日、シリア北部ラッカ近郊で7日に行った空爆で、「ドクター・ワイル」の通称で知られるIS最高幹部の一人で情報担当の男を殺害したと発表した。ISによる拷問や処刑の映像の制作に関わっていたという。(ワシントン=杉山正)

朝日新聞社

最終更新:9月17日(土)16時50分

朝日新聞デジタル