ここから本文です

広島・丸、微妙な判定続きの1日に泣き笑い…観客キャッチ弾は無事20号

デイリースポーツ 9月17日(土)17時22分配信

 「広島3-5中日」(17日、マツダスタジアム)

 広島・丸にとって、微妙な判定続きの一日となった。

 0-2と2点を追う二回の攻撃では、本塁突入シーンを巡ってリプレイ検証が適用された。新井貴浩の二塁打の間に一塁走者だった丸が本塁へ。当初の判定はセーフだったが、リプレイ検証の結果、アウトに判定が覆った。

 打撃では八回。1死一塁から左翼へ大きな飛球を放った。中日の左翼・工藤も懸命にジャンプして捕球しにいったが、観客がキャッチ。守備が妨害されたのではないかとして、審判団が協議した。

 こちらは妨害はなかったと判断され、無事に自己プロ最多を更新する20号2ランが認められた。

最終更新:9月17日(土)17時28分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報