ここから本文です

【野路菊S】アメリカズカップがデビュー2連勝 松若「距離が延びても大丈夫」

スポーツ報知 9月17日(土)15時21分配信

 17の阪神9R・野路菊S(2歳オープン、芝1800メートル=8頭立て)は、3番人気でマンハッタンカフェ産駒のアメリカズカップ(牡2歳、栗東・音無厩舎)が先に抜け出した1番人気のモーヴサファイアをゴール前で差し切り、デビュー2連勝を飾った。勝ち時計は1分48秒5。

 道中は外めの好位を追走。前半1000メートルが62秒3と遅い流れで、序盤は少し行きたがる面を見せたが、すぐに折り合いはついた。余力たっぷりに直線を迎えると、松若騎手の左ステッキに力強い加速で反応。ラスト100メートルでモーヴサファイアの前に出て、3/4馬身差をつける完勝だった。

 松若騎手は「少し(ハミを)かみましたけど、前に馬を置いてからは折り合ってくれました。抜け出してからは、まだ物見するほどの余裕がありました。思ったより落ち着きがあり、距離が延びても大丈夫だと思います」と満面の笑み。音無調教師は「中間にゲートでうるさい面を見せていたので、その点も踏まえて、次走などは考えます」と今後の見通しを語った。

最終更新:9月17日(土)17時28分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ