ここから本文です

仙台日本一祈願 志村主将、Bリーグ元年に「挑む」

日刊スポーツ 9月17日(土)12時52分配信

 Bリーグ東地区1部の仙台89ERSが16日、仙台市の大崎八幡宮で必勝祈願を行った。戦いの神様と知られる国宝の神社に、間橋健生ヘッドコーチ(HC=45)ら選手スタッフ28人が集合。来週に開幕するBリーグ元年シーズンでの、日本一を願った。今季から指揮を執る間橋HCは取材のコメントでも「(開幕まで)あと1週間は1日を大切に過ごし、チーム1つになって1戦ずつ全力で戦って1位を目指していきたい」と、1にこだわって言葉を紡ぎ、優勝への強い意気込みを示した。

【写真】Bリーグ異例 生着替えやファッションショー

 主将の志村雄彦(33)は絵馬に「挑む」と書き込み「(新リーグになり)クラブ、個人ともに大きなチャレンジになる。今までの自分を超えられるようにしたい」と、レベルアップを誓った。さらに「(Bリーグでは)厳しい戦いが待っていると思うが、このメンバーで戦えば良い結果が出ると思う」と、現在のチーム状況には手応えを感じている。必勝祈願を終えても、チームはそのまま境内に残って円陣を組み、意思統一を図っていた。その姿勢からは、強い一体感が感じ取れた。

 Bリーグは22日に開幕するが、仙台の開幕戦は24日アウェーで千葉ジェッツと戦う(午後4時開始)。bjリーグと同様に翌日(23日)も連戦となり、仙台ホームの開幕は10月1日、レバンガ北海道を迎え撃つ。

最終更新:9月17日(土)17時17分

日刊スポーツ