ここから本文です

【細原・騎手で獲る 特別編】17日阪神9R 少頭数ならナムラライラが突き抜ける

スポニチアネックス 9月17日(土)8時2分配信

 トレセン取材をしていると、関係者から『癖馬ほど走る』という言葉をよく耳にする。草食動物であるサラブレッドは臆病な性格。記者はこれまで潜在的な能力がありながら、レースでそれを発揮できない馬を数多く見てきた。ブリンカーで一変、逃げる競馬で一変…。何かキッカケさえつかめば激走する馬はたくさんいる。記者が現役ジョッキー時代に感じたことは“癖馬は我が強い”ということ。反抗心が強く乗り難しさはあるが、闘争心に火が付いたときの爆発力は乗り手の想像を超えるパフォーマンス発揮していた。

 阪神9Rはナムラライラ◎。小倉の新馬戦(4着)は道中で、外から他馬に被せられ走る気持ち損ねたが、前走は外をマクル強気の競馬で4馬身差の大楽勝。「ああいう形になれば強い」と福島師もレース後に手応えをにじませていた。ここは8頭立てでもまれる心配は皆無。前走の積極策が今回に生きるはず。3連単1着固定で勝負。

最終更新:9月17日(土)8時6分

スポニチアネックス

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]