ここから本文です

松岡茉優、声優初挑戦の不安を吐露!「私、ここにいていいですか?」

Movie Walker 9月17日(土)20時3分配信

大今良時の人気コミックを映画化したアニメ映画『聲の形』の初日舞台挨拶が、9月17日に新宿ピカデリーで開催。声優の入野自由、早見沙織、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行、松岡茉優、山田尚子監督が舞台挨拶に登壇した。声優に初挑戦した松岡は「おかしいんです。名だたる声優さんに囲まれて」と恐縮していた。

【写真を見る】可愛い!松岡茉優の全身ショット

高校生時代の石田将也役の声優を務めた入野は「山田監督から『いじめや聴覚障害とかがテーマになっていますが、描きたい核となる部分は人とのつながり、つながりたいけどなかなかつながらないディスコミュニケーションを描いていきたい』と言われまして。迷いがあった時は、つながりたいという思いを根底に意識して演じることができました」とアフレコを振り返った。

山田監督から熱烈なオファーを受けて小学生時代の将也役を演じた松岡は、いかにも自信なさげに「私、ここにいていいんですよね?」と尋ねると、山田監督はうなずき「そんなに気にされているとは」と笑い。松岡は「どうしてもそわそわします。そこを強めにお願いします」と監督に懇願する。

入野は「強要がすごい」と笑いながらツッコミを入れ「最初は苦戦されている部分があったと思うのですが、松岡さんは伝えたいともがいて。それは自分が思っているふうにはいかないかもしれないけど、伝えたいという一番強い思いがシーンにバッツリハマってました」と太鼓判を押すと、松岡は「ありがとうございました!」と感激する。

早見も松岡について「そこは私も感じました。幼少期の将也と硝子(早見の演じたヒロイン)がすべてをさらけ出して思いをぶつけあうシーンがあって、心と心のぶつかり合いで、全然かみ合ってないけど、すごいハーモニーが生まれました」と称えると、松岡は恐縮してお礼を述べる。さらに「みなさん、やさしい気持ちで見ていただけたらと。全身全霊で頑張りました」と力強く語った。

映画『聲の形』の原作コミックは「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞を受賞した話題作。ガキ大将の少年と耳の不自由な少女が出会い、様々な体験を通して成長していく。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:9月17日(土)20時3分

Movie Walker