ここから本文です

【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】17日中山8R 乗り代わりグランドバローズに妙味

スポニチアネックス 9月17日(土)8時3分配信

 短期免許で来日する外国人騎手は、海外で高い実績を残してきたビッグネームばかり。必然的に有力馬が集まって成績は上がるが、馬を動かす能力に優れた彼らに全力を使わされて、その後に調子を落とす馬もいる。スポット参戦の外国人でV→日本人に乗り代わりのケースは注意が必要だ。

 ただ、この図式にあてはまらない名手もいる。今夏の札幌で騎乗機会7連勝を飾り、53戦17勝、2着12回で勝率32・0%、連対率54・7%という驚異的な数字を叩き出した香港のモレイラだ。彼が勝たせた馬のその後を調べると、イッテツは昇級後に2→1着、ハナズレジェンドも昇級戦で2着。さらに、昨夏の来日時に1600万を勝たせたジャングルクルーズは続くジャパンCで17番人気の低評価を覆して4着。500万V時に乗って「長い距離が合う」と進言したアルバートは、そのまま4連勝でスポニチ賞ステイヤーズSを制覇。自分が乗る1戦だけでなく、その後の活躍にも大いに貢献している。

 前置きが長くなったが、きょうの狙いはモレイラが未勝利を勝たせた中山8Rのグランドバローズ。能力は高くても粗削りだった同馬を見事に操り、中団から3馬身突き抜けるワンサイド勝ち。素質馬を軌道に乗せた感がある。引き続きモレイラ騎乗なら相当な人気だろうが、乗り代わりの今回は妙味ありとみた。

最終更新:9月17日(土)8時3分

スポニチアネックス

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]