ここから本文です

【万哲の乱 特別編】17日中山12R 高速ダートでサクラエルカミーノ

スポニチアネックス 9月17日(土)8時3分配信

 8月中旬以降、週末になると日本のどこかで雨…。実は雨予報ほど、紙面予想で厄介なものもない。確実に降るなら道悪予想でOKなのだが、予報が外れてピーカン=パンパンの良馬場は多々あるケース。今週末は土曜より日曜の方が怪しい予報。日曜の2重賞の印は既に打ったが、豪雨になるようだと波乱も。

 中山ダートは週中の雨の影響で、金曜夕方時点で重馬場。湿った走りやすい砂=高速戦が確実なら、推理はむしろしやすい。中山12Rは(7)サクラエルカミーノが時計が出る高速ダートで一変だ。休み明けの前走札幌戦(11着=ダート1700メートル)はスタート後につまずいた不利があった上に、距離もブランクも長かっただけに基準外。今回の中山ダート1200メートルの持ち時計1分11秒7は、メンバー中No・1で、過去には当舞台でV実績もある。さらにスタート地点が芝の上にある分、ダッシュに乗れる可能性も。何より、中山ダート1200メートルで抜群の実績を残す父サウスヴィグラスの血統背景が心強い。前で流れに乗ってしまえば、簡単に止まらないのが同産駒の特長。次走以降は人気確実?で、配当妙味は今回。

最終更新:9月17日(土)8時3分

スポニチアネックス

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]