ここから本文です

上原1回無安打無失点「やりたいことができた」

日刊スポーツ 9月17日(土)13時10分配信

<レッドソックス7-4ヤンキース>◇16日(日本時間17日)◇フェンウェイパーク

 レッドソックス上原浩治投手(41)が、7-2の8回から4番手で登板し、1回を無安打無失点に抑えた。

 4番カストロから始まる打線に対し、空振り三振、三ゴロ、中飛で3者凡退。10球で相手中軸を料理した。これで、右胸筋痛で故障者リスト入りする前までさかのぼり9試合連続無失点、復帰後は5試合連続無失点となる。

 チームは2連勝し、ア・リーグ東地区で2ゲーム差をつけて首位は変わらず。同地区ライバルのヤンキースとは6ゲーム差をつけた。

 上原は、自身の好投について「点差があったから余計、やりたいこともできましたし。向こうが早打ちだったということだけ」と話した。

最終更新:9月17日(土)13時37分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。