ここから本文です

【巨人】4回、村田の適時打などで2点を先行…ヤクルト戦速報

スポーツ報知 9月17日(土)16時7分配信

◆巨人―ヤクルト(17日・東京ドーム)

 勝てばAクラス確定となりCS出場が決まる巨人。今季、東京ドームでのヤクルト戦は10勝0敗と相性の良いだけに、一気に決めたいところだ。

 初回、打線は2死から首位打者を狙う坂本が中前安打を放ち打率を3割5分1厘にあげるも、後続が倒れ無得点。

 4回には先頭の坂本が四球を選び、1死後に二盗を決めると、村田が左前安打し、坂本が生還。貴重な先取点をあげると、ギャレットの右翼線二塁打、辻の四球で満塁とし、ヤクルト先発の杉浦をKO。2番手・松岡から小林誠が死球を受け押し出し。2点を先行した。

 援護をもらった巨人先発の大竹寛は5回、代打・三輪に一塁内野安打を許し1死後、川端にも右前安打され一、三塁のピンチを招く。山田を遊ゴロに打ち取るも併殺崩れの間に三輪が生還し、2―1となった。

 坂本の第3打席は5回1死無走者でヤクルト3番手の村中に一ゴロに倒れ、打率は3割5分になった。

最終更新:9月17日(土)16時31分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報