ここから本文です

【六大学】立大が田村―沢田のドラフト候補コンビリレーで法大下す

スポーツ報知 9月17日(土)15時51分配信

◆東京六大学野球第2週第1日 ▽立大9―3法大(17日・神宮)

 立大が、田村伊知郎(4年)と沢田圭佑(4年)の今秋ドラフト候補右腕コンビの継投で、法大を下し、白星発進を決めた。

 先発の田村は、軽快なテンポで法大打線に的を絞らせなかった。「早いカウントで、打者と勝負することを大事にしている」。8回まで投げ、7安打3失点と粘投。24アウトのうち、12アウトをフライで取るなど、打たせて取る投球で、わずか88球で仕留めた。

 9回からは沢田が登板し、1死球を出すも、無安打で追撃を振り切った。10日にそろってプロ志望届を提出した2人の継投で今秋白星発進。溝口智成監督(48)は「開幕の初戦として、良い試合ができた。でも、まだ初戦を取っただけなので」と気を引き締めた。

最終更新:9月17日(土)15時51分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報