ここから本文です

錦織組圧勝でWG残留決定「最後に勝った人が一番」

日刊スポーツ 9月17日(土)13時28分配信

<男子テニス:国別対抗戦デ杯ワールドグループ・日本-ウクライナ>◇入れ替え戦◇第2日◇17日◇大阪・靱テニスセンター

 日本がダブルスでウクライナにストレート勝ちし、第1日のシングルスから3連勝してワールドグループ(WG)残留を決めた。

 第1日のシングルス2試合でダニエル太郎、西岡良仁が勝利し残留へ王手を懸けていた日本は、第2日のダブルスで錦織圭、杉田祐一組がスミルノフ、スタホフスキー組に6-3、6-0、6-3で圧勝した。当初はカレニチェンコが出場予定だったが、スミルノフに変更された。サウスポーのスミルノフは第1日のシングルスでダニエル太郎と対戦予定だったが、体調不良でスタホフスキーに変更されていた。

 第1セット第3ゲームで錦織の絶妙のロブが決まり先にブレーク。すぐにブレークバックされたが、終盤で錦織のリターンの脅威からか相手がダブルフォールトで自滅し3ゲームを連取して第1セットを奪うと、第2セットは杉田のプレーもさえ6-0と圧倒。第3セットはブレーク合戦となったが、勢いに乗った日本が第6ゲームから4ゲームを連取。錦織がネット際まで猛ダッシュして拾ったプレーには、対峙するスタホフスキーがおじぎしてその動きに敬意を表するなど、寄せ付けない強さを見せつけて勝利をものにした。

 錦織はコート上でのインタビューに答え「チームが勝ててうれしい。ダブルスは2人とも良かった。出だしは慣れない部分もあったが、2人とも初めて組んだのにいいプレーが出来て最高にうれしい」とこの日の試合を振り返った。残留を決めたことについては「3-0で勝つなんて久しぶり。若手2人が勝ってダブルスにつなげてくれた。でも、最後に勝った人が一番」と笑いを誘った。

最終更新:9月17日(土)17時19分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。