ここから本文です

夏の少雨で甘み十分、栗拾い盛況 収穫量日本一の茨城

朝日新聞デジタル 9月17日(土)18時52分配信

 3連休初日の17日、茨城県かすみがうら市の福田グリーン農園では、親子連れなどが栗拾いを楽しむ姿が見られた。

【写真】火ばさみを使いながら、栗を拾う親子=17日午前、茨城県かすみがうら市、小玉重隆撮影

 茨城県は栗の収穫量が日本一だが、8月の台風9号により県内各地の農作物に被害が出て、約4万平方メートルの同農園でも木が折れるなどした。ただ、夏に少雨だったおかげで、約2千本の木に甘みの強い粒がたくさん実ったという。営業は10月上旬まで。入園料500円。持ち帰りは1キロ当たり700円。(小玉重隆)

朝日新聞社

最終更新:9月17日(土)19時25分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。