ここから本文です

卓球・女子新監督に福原愛元コーチ 馬場美香氏が就任、全日本選手権V7の実績

デイリースポーツ 9月17日(土)18時23分配信

 日本卓球協会は17日、都内で理事会を開催し、20年東京五輪に向けた強化体制を決定した。

 女子はロンドン、リオデジャネイロ五輪で2大会連続のメダルに導いた村上恭和監督(58)が退任。14年から1年7カ月間、福原愛(27)=ANA=のコーチを務めた馬場(旧姓星野)美香氏(51)の新監督就任が決定した。馬場氏は全日本選手権7度の優勝を誇り、ソウル五輪女子ダブルス4位の実績を持つ。星野専務理事は「本人の実績もあり、福原選手のコーチとして諸外国を巡り、世界を見てきている」と、選任の理由を説明した。

 リオ五輪で2つのメダルを獲得した男子は倉嶋洋介監督(40)の続投が決定した。

 また強化本部長に前男子代表監督の宮崎義仁常務理事(57)が就任した。

最終更新:9月17日(土)21時0分

デイリースポーツ