ここから本文です

キーエンス創業家申告漏れ=株贈与で1500億円超―大阪国税局

時事通信 9月17日(土)17時6分配信

 電気機器大手「キーエンス」(大阪市東淀川区)の創業者滝崎武光名誉会長(71)の長男が大阪国税局の税務調査を受け、滝崎氏から贈与された創業家の関係会社の株について、1500億円超の申告漏れを指摘されたことが17日、分かった。

 申告した株の評価額が著しく低いと判断されたとみられる。追徴税額は過少申告加算税を含め300億円超で、全額納付したもようだ。

 関係者によると、滝崎氏らはキーエンスの筆頭株主である資産管理会社「ティ・ティ」(大阪府豊中市)を傘下に置く非上場の関係会社を新たに設立。この会社の株を長男に贈与したとされる。

 国税庁は、非上場など取引相場のない株の評価額は、業種が類似する上場企業の株価などに基づき算定するよう通達で求めている。長男は通達にのっとって関係会社株を評価し申告したとされるが、国税局は、関係会社がティ・ティを通じて大量のキーエンス株を間接的に保有しているとみなし、評価額が過小だと判断したもようだ。 

最終更新:9月17日(土)17時26分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。