ここから本文です

【徳山昌守の目】強打にひるまず前進 長谷川の男気勝ち

スポニチアネックス 9月17日(土)9時5分配信

 ◇WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ ○同級5位・長谷川穂積 9回TKO 王者ウーゴ・ルイス●(2016年9月16日 エディオンアリーナ大阪)

 長谷川は会心の試合で男を完全に上げた。素晴らしいの一言だ。ルイスへの挑戦が決まった時に年齢的なものもあって“これが最後の試合になるのか”と思ったぐらい強い王者への挑戦だった。本当によく勝った。

 序盤は長谷川が右を出しながら、左ストレートにボディーといい感じで足を使っていた。最初のバッティングは仕方ないが、王者のルイスは打ち合っても追い足がないので、出入りがある展開で優位に試合を運んだ。危ないパンチを振り回してくる相手ながら、右もしっかりと見えていたので当てさせなかった。加えて気持ちが強かった。強打にひるむことがなかった。9回の打ち合いも引いていたら負けていたのを勇気を持って打ち合っていた。王者の左でぐらっときたが、その後は本当に気持ちで戦っていた。ロープに押し込まれても、気持ちだけでパンチを出し、あれで王者の心を折ったと思う。

 凄い試合だった。長谷川は歴史に名前を刻んだと思う。今後は第三者が口を出すことではないが、ベルトを獲ったことなので、まずは休んでもらいたい。(元WBC世界スーパーフライ級王者)

最終更新:9月17日(土)9時5分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]