ここから本文です

【六大学準硬式】早大、少ない好機をモノにして法大に先勝

スポーツ報知 9月17日(土)17時53分配信

◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 早大2―0法大(17日・大田スタジアム)

 早大が少ない好機をモノにして先勝した。4回まで1人の走者も出せなかったが5回、先頭の鈴木夏亥(3年=早実)が中前打で出塁すると、倉本芳郎(3年=修道)の右前打と敵失で一、三塁とし、吉田龍平(1年=小山台)がスクイズを決めて先制。9回には山口将宏(3年=横須賀)の右前打で1点を追加した。先発の山口は投げても法大を4安打に抑えて無四球完封。三塁を踏ませなかった。

 山口将宏「法大はどの打順から始まってもいいバッターがそろっているので、どんな場面でも気を抜くことなく集中して投げたことが完封につながったと思います」

 室木大(3年=星稜)「調子は悪くありませんでしたが、5回に失点した場面は一、二塁からバッテリーミスで進塁を許してしまった。スクイズも予想していましたが、外せませんでした」

最終更新:9月17日(土)18時28分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)