ここから本文です

<松江城>攻め落とせ! 武者姿に扮装、戦国時代体験

毎日新聞 9月17日(土)18時33分配信

 松江城(松江市)で17日、戦国イベント「鷹(たか)の爪団のSHIROZEME」があった。観光客らが武者姿に扮装(ふんそう)して、「丸太台車」を使った城攻めアトラクションなどを楽しんだ。

 人気アニメ「秘密結社鷹の爪」のプロデュース会社や市などの実行委が主催した。参加者は弓矢をよけながら台車と一緒に前進。ベニヤ板製の大手門を突き破ると、見物客から拍手がわき起こった。

 松江城天守の国宝指定などで外国人観光客数が昨年、8万人を超えた松江市。城の魅力をさらにアピールし、10万人の大台突破も夢見ている。【根岸愛実】

最終更新:9月17日(土)18時50分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。