ここから本文です

青山、二宮組が優勝=ジャパン女子テニス

時事通信 9月17日(土)18時14分配信

 テニスのジャパン女子オープン第6日は17日、東京・有明テニスの森公園で行われ、ダブルス決勝で青山修子(近藤乳業)二宮真琴(橋本総業)組がジョスリン・レー、アナ・スミス組(英国)を6―3、6―3で破って優勝した。青山はレナタ・ボラコバ(チェコ)と組んだ2014年大会以来2年ぶり2度目の優勝で、通算6勝目。二宮はツアー初優勝。

 シングルス準決勝ではカテリナ・シニアコバ(チェコ)が第6シードの張帥(中国)に6―3、6―0で勝ち、第7シードのクリスティナ・マクヘール(米国)がヤナ・チェペロバ(スロバキア)を6―4、3―6、7―5で下し、それぞれ決勝に進んだ。 

最終更新:9月17日(土)18時20分

時事通信