ここから本文です

【内田雅也の追球】秋山、相手に学んだ姿勢 42歳・三浦は生きた教科書

スポニチアネックス 9月17日(土)9時55分配信

 ◇セ・リーグ 阪神2-1DeNA(2016年9月16日 甲子園)

 1点差の9回表2死、一塁ベンチの阪神先発の秋山拓巳は祈っていたことだろう。4年ぶりの勝利がかかっていた。最後の打者が三振に倒れ、白い歯がこぼれた。

 同じ最後の場面、DeNA先発の三浦大輔は三塁ベンチ最前列で立ち上がっていた。祈るというより、応援で声をからしていたのである。

 プロ野球新記録となる24年連続勝利がかかったマウンドだったが、5回途中で降板、可能性は消えていた。それでも登板前に「チームの勝利のために投げる。そのうえで自分に白星がつけばいい」と語っていた、チーム第一の姿勢が現れ出た光景だと言えるだろう。

 4年も勝てなかった秋山が、23年連続で勝ち続けてきた三浦に学ぶべきはあの姿勢だろう。

 高校出新人で4勝をあげた秋山は大器と期待されたが、その後は伸び悩んだ。2軍戦では打者を圧倒し、好成績を残すのだが、1軍では結果が出なかった。もうプロ7年目、25歳だった。何かが足りなかった。

 この夜、投げ合った球界最年長42歳の三浦が手本となった。

 通算317勝の鈴木啓示(元近鉄=本紙評論家)は「投手が戦う相手は打者ばかりではない。相手投手とも戦っている」と語る。相手投手の投球を観察しながら、その心理を探りながら過ごす。それが投手の習性だ。

 ならば、秋山は三浦の配球、組み立てを見ていた。「見よう見まね」こそ一番の勉強なのだ。

 捕手のサインに首を振った後、右打者内角にシュートを投げたことが幾度かあった。昨年まで2軍で指導していた投手コーチ・香田勲男は「以前は打者の体の近くに投げるのを嫌がる傾向にあった。シュートを覚えたことで幅が広がった」とたたえた。あのシュートは三浦がマウロ・ゴメスや北條史也に投げていたのと同じ攻め方である。

 さらに、三浦が随時、守る野手陣を気遣う姿勢も見ていたはずだ。投球テンポにも気を配る。

 その点で、秋山が4回表、先頭打者が北條の失策で出塁した後、強打の筒香嘉智以下を打ち取った粘りは見事だった。前夜も書いたが、今季の阪神投手陣は味方失策の後を踏ん張れない。ミスの後こそ無失点でしのげば野手は感謝する。投打の信頼が深まる。野球はやはり、心で結ばれたチーム競技なのだ。

 敗戦投手から「勝てる投球」を学んだ勝利投手だった。 =敬称略=(スポニチ編集委員)

最終更新:9月17日(土)9時55分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]