ここから本文です

ソフトバンク・和田がハーラー単独トップの15勝目 糸井は52盗塁でトップ

デイリースポーツ 9/17(土) 21:41配信

 「ソフトバンク6-3オリックス」(17日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの先発、和田毅投手がリーグ単独トップとなる15勝目を挙げた。1点リードの5回5安打2失点でマウンドを降りたが、中継ぎ陣が得点を許さず、勝ち星で並んでいたロッテ・石川に1差を付けた。

 打線は初回、中村晃、松田の適時打で2点を先制。三回には内川の適時二塁打で加点した。1点差に迫られた六回には松田の24号ソロが飛び出し、2点差とし、八回には内川の18号ソロで突き放した。

 4番・DHで2安打2打点の内川は「守りでは貢献できませんから、何とか打ちたかった。残り試合少ないので今年1年間が決まるというつもりでやっている。きょうは勝ったが、状況は何も変わっていないので優勝するつもりでやっている」とファンにアピールした。

 オリックスは糸井が2安打1本塁打1盗塁と存在感。盗塁では52盗塁に数字を伸ばしたが、西武の金子侑が17日の楽天戦で3盗塁を決め、50盗塁到達。2差に迫り、タイトル争いがし烈になってきた。

最終更新:9/17(土) 21:45

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]