ここから本文です

女子新監督に馬場氏=男子の倉嶋氏は続投―卓球協会

時事通信 9月17日(土)19時17分配信

 日本卓球協会は17日、東京都内で理事会を開き、女子代表の新監督に1988年ソウル、92年バルセロナ両五輪代表の馬場(旧姓星野)美香氏(51)を起用することを決めた。男子の倉嶋洋介監督(40)は続投する。両監督とも10月1日付で、任期は4年。強化本部長には、男子前監督の宮崎義仁常務理事(57)が就任した。

 馬場氏は全日本選手権で女子シングルスを7度制し、ソウル五輪では同ダブルスで4位に入った実績を持つ。2014年5月から15年末まで福原愛(ANA)のコーチを務めた。星野一朗専務理事は起用の理由を「選手としての経歴と、福原選手のコーチとして世界(の情勢)を見てきていること」と説明した。 

最終更新:9月17日(土)19時20分

時事通信