ここから本文です

ビーチサッカー日本代表、世界ランク上位のタヒチに勝利

デイリースポーツ 9月17日(土)22時58分配信

 ビーチサッカー日本代表(世界ランク11位)は17日、兵庫県明石市の大蔵海岸でタヒチ代表(同6位)と国際親善試合を行い、5-2で勝利した。

 第1ピリオド、不運な形で相手に先制を許すも、赤熊卓弥のヘディング弾ですぐさま同点に追いつく。さらに主将の茂怜羅(もれいら)オズが砂浜のイレギュラーなバウンドを生かし、直接FKを決めて逆転。その後は粘り強い守備で相手に大きなチャンスを与えず、リードを守り切った。

 茂怜羅は「シュートを打たせないよう意識していた。タヒチは強いけど、日本もパワーがある。絶対に負けられないという気持ちだった」と振り返った。

 ビーチサッカーは、1チーム5人(交代自由)で、深さ約40センチの砂の上で行う。選手ははだしで、試合時間は12分×3ピリオド。コートは縦37メートル横28メートルで、サッカーに比べると正方形に近い形だ。オーバーヘッドキックなど、アクロバティックな攻撃も多く、GKもシュートを放つなど、積極的に攻撃参加する。

 日本代表は同会場で18日にもタヒチ代表と親善試合を行い、今月末のアジアビーチゲームズ(ベトナム)での優勝を目指している。

最終更新:9月17日(土)23時1分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。