ここから本文です

巨人、ミスの連鎖で逆転負け=プロ野球

時事通信 9月17日(土)19時27分配信

 巨人は防げる失点を防げず、逆転負けを喫した。1点リードの六回2死一塁の守備では、ギャレットが西田の左前に落ちる打球の判断を誤り後逸(記録は二塁打)。同点を許した。

 さらに続く代打飯原には、大竹寛が3ボールからストライクを取りにいった真ん中への1球を痛打され勝ち越し点を献上。高橋監督は「ミスで負けることが多い。何とかしないといけない」と厳しい表情だった。

最終更新:9月17日(土)19時29分

時事通信