ここから本文です

「さんまのまんま」最終回ゲストは旧知の森昌子

日刊スポーツ 9月17日(土)16時20分配信

 明石家さんま(61)が司会を務めるフジテレビ系のトークバラエティー番組「さんまのまんま」のレギュラー最終回(関西地区=24日午後1時56分、関東地区25日午後1時)のゲストに歌手森昌子(57)が出演する。旧知の2人は最後まで絶妙トークを繰り広げた。

【写真】明石家さんま、中居への忠告がSMAP解散原因?

 さんまが冒頭に「うるさいオバチャンですね」と突っ込むと、森は「オジチャンにオバチャンって言われたくない(笑い)」と応酬した。

 現在、独身の森は「さんまさんのような友達がいたら楽しいだろうな」としみじみと話し「家に遊びに来てほしい」と“ラブコール”。さんまは「家に行ったら友達だけじゃ終わりませんよ」と年を重ねても“お色気トーク”は衰えず、森をあきれさせた。

 31年続いたレギュラー放送は9月で終了する。さんまはいまでも森のデビュー曲「せんせい」を口ずさんでしまうと告白。「今でも僕らが歌えるってすごいですよ。森さんの曲は全部歌えます」。ところが、森から「同級生」「中学三年生」をリクエストされると、記憶がかなりあいまいで、全部歌えないことが分かってしまう一幕も。レギュラー放送最終回も“さんま節”は絶好調だった。

最終更新:9月17日(土)17時43分

日刊スポーツ