ここから本文です

<公明党>山口代表「結束」強調…党大会、5選承認

毎日新聞 9月17日(土)20時15分配信

 公明党は17日、東京都内で党大会を開き、山口那津男代表(64)の5選を承認した。任期は2018年9月まで。井上義久幹事長(69)、北側一雄副代表(63)、古屋範子副代表(60)、漆原良夫中央幹事会会長(71)、石田祝稔政調会長(65)、大口善徳国対委員長(61)ら主要幹部の留任も決まった。

 山口氏は、自民、公明両党が衆院選で敗北し、野党に転落した直後の09年9月に代表に就任した。任期満了まで務めれば、委員長(当時)在任が19年9カ月だった竹入義勝氏に次ぐ歴代2位の長さになる。

 山口氏は党大会で「連立与党として安倍内閣を支え、安定政権のもと国内外に山積する課題に結束して立ち向かう」と決意を述べた。【高橋克哉】

最終更新:9月17日(土)23時11分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。