ここから本文です

【中日】ナニータが2軍で適時内野安打「肘は日に日に良くなっている」

スポーツ報知 9月17日(土)18時52分配信

◆ウエスタン・リーグ 中日4―0ソフトバンク(17日・ナゴヤ球場)

 左肘痛で2軍調整中だった中日のリカルド・ナニータ外野手(35)が「4番・左翼」でスタメン出場。8月13日の1軍の阪神戦(京セラドーム)以来の実戦復帰で適時打を放ち、順調な回復ぶりを見せた。

 初回1死一、二塁で放ったゴロを遊撃・曽根が捕球に手間取る間に、二塁走者が生還。復帰初打席でラッキーな先制内野安打となった。3回の打席で一ゴロに倒れてお役ご免。「いきなり適時打を打てて良かった。守備機会はなかったが、肘は日に日に良くなっている」と好感触を得た様子だった。

 今季中の1軍復帰はあるのか。来日3年目の来季も中日でプレーできるのか。好打の助っ人は、どちらの質問にも日本語で「ワカラナイ」と答えた。それでも「シーズン終了後にモリサン(編成部国際渉外担当を兼ねる森監督代行)と話をすることになると思うが、来年もチームのため、自分のため、家族のためにドラゴンズでプレーしたい」と残留を熱望した。

 また、この日、左ふくらはぎ痛のため2軍調整中だった荒木雅博内野手(39)が東京に出発。18日のヤクルト戦(神宮)から1軍に合流する。

最終更新:9月17日(土)19時7分

スポーツ報知