ここから本文です

【宮城】仙台南のメガネ男子・小田「うれしい」7回6安打で公式戦初“完封”

スポーツ報知 9月17日(土)19時1分配信

◆第69回秋季東北地区高校野球宮城県大会 ▽1回戦 仙台南9―0白石工=7回コールド(17日・コボスタ)

 仙台南のエース右腕・小田勘太(2年)が、7回6安打無失点の好投。打線が12安打9得点と爆発して7回コールド勝ちを収め、公式戦初“完封”に「うれしい。初回から直球が走っていて、変化球でカウントも取れた」と笑顔を見せた。

 最速は「120キロくらい」(小田)という直球に、カーブ、縦横2種類のスライダーを織り交ぜ、丁寧に打たせて取った。トレードマークのメガネ歴は、高校に入ってから視力が低下したため1年ほどという。「(メガネの)こだわりはあまりないですが、軽いものを使っています。コンタクトだと、試合中に外れたりすると危ないので…」と話した。

 憧れの投手は楽天の則本。この日は楽天の本拠地・コボスタ宮城のマウンドで初めて投げ「すごく楽しみだったし、緊張していた。今日は(コボスタで投げられて)本当に良かった」と、うれしそうだった。

 19日の2回戦は、小牛田農林と古川学園の勝者と対戦する。背番号1は「しっかり低めにコントロールして打ち取りたい。ピンチになってもゼロで踏ん張る」と意気込んだ。

【関連記事】

最終更新:9月17日(土)19時1分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。