ここから本文です

【石川】星稜が初戦突破、寺西は2安打1打点に「まだまだ実力がない」

スポーツ報知 9月17日(土)19時18分配信

◆秋季高校野球石川県大会 ▽2回戦 星稜7―1七尾(17日・石川県立野球場)

 秋季高校野球石川県大会の2回戦6試合が行われ、春夏県王者の星稜は、七尾を7―1で下し、初戦を突破した。

 今夏、エースで4番だった寺西建(2年)は、守備力強化の目的もあり、今大会は背番号7。この日も左翼手で先発した。林和成監督(41)が、「調子は悪いですね」と話す中、5打数2安打1打点と、4番として最低限の結果は残した。それでも寺西は、「タイミングが早くなってしまって、変化球が打てていません。チャンスで凡打もありました。チャンスは、全てものにしないといけない。まだまだ実力がありません。外野手としてもスキルを上げていきたいです」と話した。

最終更新:9月17日(土)22時31分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報