ここから本文です

東尾理子 都知事選出馬騒動で坂上忍に感謝「私の気持ちを代弁してくれている」

スポニチアネックス 9月17日(土)13時45分配信

 プロゴルファーでタレントの東尾理子(40)が17日、日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演。夫で俳優の石田純一(62)の東京都都知事選出馬をめぐる騒動について振り返った。

【写真】出馬断念会見で頭に手をやる石田純一

 東尾は、MCの久本雅美(58)から「(出馬は)事前に知っていたの?」と振られると「全く知りませんでした」ときっぱり。「私もテレビで見ていて“あ、(出馬表明を)言ったの…”」と驚いたという。

 家庭内での石田についても言及し、「何でも熱く語っちゃうタイプなので」と前置きしつつ、「“首相じゃないいんだから”とつっこみたくなることも言っていたんです」と普段から政治に興味を持っていたことも明かした。

 またこの日の放送では俳優の坂上忍(49)もゲスト出演。坂上は騒動期間中、自身がMCを務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で石田に関して連日厳しいコメントをしていた。それに対して東尾は「私の気持ちを代弁してくれていると思って、すごくうれしかった」と感謝。結局、騒動の間は石田から一切連絡がなかったといい、改めて「勝手だなぁ」としみじみ振り返った。

 石田は7月8日に「野党統一候補なら出馬する」と条件付きで都知事戦への出馬の意向を表明。しかし、その3日後には出演番組やCMの差し替えによる違約金問題などの理由から出馬断念を発表した。

最終更新:9月17日(土)14時8分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。