ここから本文です

オードリー春日が競泳五輪メダリストの松田氏にフィンでガチ対決

スポーツ報知 9月17日(土)19時51分配信

 引退を発表したばかりの五輪競泳3大会連続メダリストの松田丈志氏(32)が、17日放送のTBS系「炎の体育会TV」(後6時55分)に出演し、「オードリー」の春日俊彰(37)率いる春日水泳部と1対4の超ハンデ対決に挑んだ。

 200メートル自由形で自己ベスト1分46秒20の松田氏に対抗した春日水泳部は、じゅんいちダビッドソン(41)、元格闘家の魔裟斗(37)、日体大トライアスロン部出身の森渉(33)、春日の4人組。4人の50メートル自己ベスト合計が、松田氏の記録に勝る布陣だったが、松田氏が終始リードし2秒引き離す1分57秒21でメダリストの貫禄勝ち。

 春日は「リレーは負けを認めましょう。もう一勝負。メダリスト同士で戦いましょう。おい、あれ持ってこい」とフィンスイミングW杯で銀メダルを獲得したフィンを持ってこさせた。自由形対フィンスイミングの100メートル対決。ここで松田氏は勝利者賞の「1泊2日温泉旅行」を3泊4日にアップ要求。じゅんいちもフィンを付けて加わったが、松田氏と春日のデッドヒートに。結局は、松田氏が49秒93、春日は50秒28で松田氏の完全勝利となった。

最終更新:9月17日(土)19時51分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。