ここから本文です

青木 6戦連続スタメンで3の1 打線沈黙のチームは連勝ストップ

スポニチアネックス 9月17日(土)14時26分配信

 ◇ア・リーグ マリナーズ0―6アストロズ(2016年9月16日 シアトル)

 マリナーズの青木宣親外野手(34)は16日(日本時間17日)のアストロズ戦に「1番・左翼」で先発出場。4回の第2打席で右前打を放ち、3打数1安打だった。打率は2割6分9厘。

 青木は6試合連続の先発出場。アストロズの先発・マキューから初回の第1打席は中飛に倒れるも、続く打席で5球目のカーブを右前に運んだ。6回の第3打席は見逃し三振で、9回の打席では代打を送られた。

 試合は打線が3安打と沈黙したマリナーズが0―6で敗戦し、連勝は8でストップ。マキュー、ホイト、シップの継投で今季6度目の完封負けを喫した。

 ▼青木の話(連勝が8で止まり)エースが投げていたし、何とか取りたかったけれど、こういうこともある。明日、まず取らないといけない。(安打は)高めに抜けたカーブだった。1本出さないと、と思っていた。

最終更新:9月17日(土)15時1分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。