ここから本文です

【阪神】Bクラス確定でCS進出消える、金本監督「今さら…」…一問一答

スポーツ報知 9月17日(土)20時29分配信

◆阪神3―6DeNA(17日・甲子園)

 阪神が4年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。5回1死から能見が投手・モスコーソに四球、8回には上本の失策と“ミス”絡みで逆転、ダメ押し点を許すなどDeNAに敗戦。就任1年目のBクラスが確定した金本知憲監督(48)の試合後の一問一答。

 ―1点差にした直後の8回1死一塁で上本が失策。2失点につながり結果的には痛かった。

 「決勝点ではないけれど痛いわね。あそこで(併殺で)チェンジと、2点入るのとでは」

 ―今季は守備のミスが目立った。

 「見ての通りで何とも言いようがない。練習するしかないでしょ」

 ―能見は投手・モスコーソへの四球をきっかけに逆転を許した。

 「ピッチャーがバッターでフォアボールは前も言ったけど、ピッチャーのミスでありエラーだから。自滅と言われても仕方ない部分はある。もったいない」

 ―今日の敗戦でCS進出の可能性がなくなった。

 「今さら…」

 ―明日以降は、自分たちの野球をやるだけか。

 「そら、その通りで。そうですよ」

 ―若い選手はここからの残り試合でアピールしないといけない。

 「それはもう当然。前に言った通り。攻撃においても守りにおいても見られているわけだから。すべて。『来年どのくらい(期待できるか)』と言うのは」

 ―9回には岩崎を今季初めて中継ぎで起用した。来季を見据えてか。

 「それも含まれている」

最終更新:9月26日(月)13時44分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]