ここから本文です

大山真志ベートーベン役熱演!高畑裕太の代役語らず

日刊スポーツ 9月17日(土)17時33分配信

 俳優大山真志(27)が17日、主演舞台「英雄の運命」(19日まで)の初日を迎え、東京・よみうり大手町ホールで公開舞台稽古に臨んだ。

【写真】NHK「真田丸」高畑裕太容疑者の代役に大山真志

 世界の英雄を描くシリーズの第3弾で、大山は13年にナポレオン、14年にはエリート外交官栗野慎一郎をそれぞれ演じた。今回は、音楽家ベートーベンが死の淵で秘書に自伝の編さんを依頼することから、起きるドタバタ劇。大山は突っ込みどころ満載のベートーベンの幽霊をコミカルに演じたほか、ミュージカル仕込みの歌声も披露した。

 大山は稽古後、「5回(の公演は)あっという間。全力で駆け抜けたい」と決意を語った。強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕され不起訴処分となった俳優高畑裕太(23)の代役として、NHK大河ドラマ「真田丸」に出演が決まったが、その件には触れなかった。

 ほか鎌苅健太、小林且弥、林剛史、八神蓮が出席した。

最終更新:9月17日(土)17時46分

日刊スポーツ