ここから本文です

浜田龍臣が女子制服姿 脱毛クリームで足の毛もそる

日刊スポーツ 9月17日(土)18時8分配信

 俳優浜田龍臣(16)が17日、映画「ハイヒール革命!」(古波津陽監督)初日舞台あいさつに、女子制服姿で登壇した。

【写真】真境名ナツキ、幼少期演じた浜田龍臣「さすが天才」

 10代の終わりに男性から女性へ性別を変えた女優真境名(まじきな)ナツキ(29)の実話に基づく作品。現在の真境名のインタビューパートと、浜田演じる少年時代の真境名のドラマパートで構成されている。

 浜田は劇中と同様、黒髪ロングのかつらに赤いリボンのブレザー姿で登場。客席から「かわいいー!」と歓声が上がると、照れた表情を見せた。司会者から足の毛がないことを聞かれると「はい、脱毛クリームで…」と赤面した。

 監督からは「浜田くんがかわいく見えないと成り立たない映画。彼にかかっていたけど、人選がうまくいったな、という感じ」と高評価をもらった。しかし「(撮影を行った)去年から身体も成長して、あごがしっかりしてきて、若干ケツアゴになってますけど…」と言われると、「ケツアゴの部分は、いらなかったかな~」苦笑していた。

最終更新:9月17日(土)18時19分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。