ここから本文です

【石川】延長10回決着、金沢工が小松工に競り勝ち3回戦へ

スポーツ報知 9月17日(土)21時52分配信

◆秋季高校野球石川県大会 ▽2回戦 金沢工5―4小松工(延長10回、17日・石川県立野球場)

 金沢工は、小松工に延長10回の末、5―4で勝利した。

 点の取り合いとなった中、4―4の延長10回2死走者なしから、7番・西村陸斗中堅手(2年)が、右中間への三塁打で出塁すると、続く8番・小林巧弥二塁手(1年)が中前適時打。右腕・針多梓馬(2年)が完投し、3回戦進出を決めた。

 西村は、「ピッチャーが頑張ってくれていたので、野手も頑張らないと負けてしまう。自分が決めようと思っていました。ホームランにはなりませんでしたが、三塁打。次のバッターもいい打者だったので」と振り返った。小林も「ここで決めようと思っていました。苦しい試合で打ててホッとしました」と胸を張った。

最終更新:9月17日(土)22時31分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)