ここから本文です

草刈正雄「いきなり白髪に」真田丸の撮影苦労明かす

日刊スポーツ 9月17日(土)18時45分配信

 俳優草刈正雄(64)が17日、大阪市内で行われた2016年NHK大河ドラマ特別展「真田丸」開催記念イベントに出席した。

【写真】来年NHK大河主演の柴咲コウ「真田丸」にメラメラ

 特別展は9月17日~11月6日(日)に大阪歴史博物館で開催。信繁が代筆した昌幸書状や国宝の「真田日本一の兵」と記された史料など、信繁ゆかりの品が展示される。

 NHK大河ドラマ「真田丸」では信繁の父・昌幸役の草刈は「三谷さんの台本はすごく速く時間が進む。僕はいきなり白髪になるから大変」と苦労を明かした。さらに「(撮影前は)みんなと話しているというより、(信幸役の大泉)洋ちゃんが1人でしゃべって、僕たちは笑っているだけ。楽しいですよ」と撮影の舞台裏を明かし、会場を笑いに包んだ。

 イベントでは、新キャストの発表があった、信繁の息子・真田大助役を演じる浦上晟周(せいしゅう=16)が登場。「堺さんは芝居に一切手を抜かない。台本で分からないことがあれば、納得がいくまで監督と話し合っている。尊敬する」と言うと、草刈は「納得するまでリハーサルが進まない」とこぼして、笑いを誘っていた。

最終更新:9月17日(土)18時58分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。