ここから本文です

隠岐の海、平幕初の横綱大関6人斬りならず…豪栄道に土

スポーツ報知 9月18日(日)6時5分配信

◆大相撲秋場所7日目 ○豪栄道(上手出し投げ)隠岐の海●(17日・両国国技館)

 東大関・豪栄道(30)=境川=が、2008年の琴欧洲以来となる8人目のカド番優勝に前進した。東前頭筆頭・隠岐の海(31)=八角=との全勝対決に上手出し投げで完勝。2横綱3大関を撃破して“神ってる”同期生をねじ伏せ、横綱・大関陣の面目を保った。7日目に単独トップに立つのは自身初。4度目のカド番で臨んだ今場所は、無傷で折り返しの中日を迎える。

 快進撃を止められ、隠岐の海は悔しさを押し殺した。2005年初場所初土俵の同期生相手に今場所初黒星。「勝ち負けがあるんですから。また頑張ってやればいい。勝てない人に勝つ時だってあるんだから」。あえて無表情を貫き、自身に言い聞かせるように大記録を逃した無念をのみ込んだ。

 勝っていれば、平幕力士として史上初の1場所で横綱・大関6人を撃破。関脇以下でも84年春の関脇・大乃国(現芝田山親方)、87年春の小結・益荒雄(現阿武松親方)以来3人目の偉業となっていた。

 さらに、関脇以下では史上初となる出場した横綱・大関6人に全勝という快挙も逃し「意識しないように…」と絞り出した。島根・隠岐水産高卒で漁船の航海士を目指していた男。“大物”を取り逃がした格好だが、「内容というより明日が大事ですね」と未練を打ち消した。

最終更新:9月18日(日)6時5分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]