ここから本文です

ロッテ初回に先制攻撃!荻野&井上が適時二塁打

日刊スポーツ 9月17日(土)19時23分配信

<日本ハム14-6ロッテ>◇17日◇札幌ドーム

 ロッテが初回に2点を先制した。

【写真】ロッテ清田が復帰即スタメン 脳振とう特例措置

 先頭岡田が中前打で出塁。2番の荻野貴司外野手(30)はバントの構えからヒッティングに切り替え、左翼線二塁打を放った。バスターエンドランが決まり、一塁から岡田が一気に生還。荻野は「エンドランのサインだったので、ゴロを打とうと思っていました。三塁線をきれいに抜けてくれましたね。先制点が欲しかったので、すぐに取ることが出来て良かったです。オカ(岡田)さんもよく走ってくれました」と話した。

 さらに、2死二塁で井上晴哉内野手(27)が左中間フェンス直撃の適時二塁打を放ち、2点目を加えた。高めのフォークを捉え、「ストレートを待っていたところに、フォークが高めに抜けて来てくれたのでバットを出すだけでした。追加点が欲しかったし、ランナーも残したくなかったので、いいヒットが打てました」と話した。

最終更新:9月18日(日)2時25分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報