ここから本文です

“裏天王山”は福岡に軍配 9戦ぶり勝利で最下位脱出 湘南17年ぶり10連敗

スポニチアネックス 9月17日(土)21時51分配信

 ◇明治安田生命J1第2S第12節 福岡2―0湘南(2016年9月17日 BMWス)

 明治安田生命J1リーグ第2ステージは17日、各地で第12節の9試合が行われ、ともにJ2降格圏内の湘南と福岡が直接対決。5連敗中だったアウェーの福岡が2―0で勝利を収めて7月13日のFC東京戦(レベスタ)以来9試合ぶりとなる勝利を飾った。

 両チームは年間勝ち点19で並んだが、得失点差により福岡が年間最下位を脱出して17位に浮上。敗れた湘南は1999年以来17年ぶりの10連敗で年間最下位に転落し、第2ステージとの“ダブル最下位”となった。

 福岡の井原正巳監督(48)は「我々はもう後がないという状況。湘南さんが1個上の順位ということで本当に“天王山”だと思っていた」とこの試合に懸けていた思いを明かし「残留の可能性はわずかに残っている。その中できょう勝たないと勝ち点で近づけない。何としても勝ち点という気持ちを選手が全面に出してくれた」と選手を称えた。

 とはいえ、残り5試合でJ1残留となる15位・新潟との勝ち点差は8。厳しい状況に変わりはない。「すべて勝っていくしか残留の可能性はない。また1戦1戦しっかり準備をしたい」と大逆転残留に望みをかけた。

最終更新:9月17日(土)21時51分

スポニチアネックス