ここから本文です

濱田龍臣の女装に共演者絶賛「大丈夫かと心配するくらい役にハマっていました」

スポニチアネックス 9月17日(土)22時30分配信

 俳優の濱田龍臣(16)が17日、都内で映画「ハイヒール革命!」の公開初日舞台あいさつに出席。女装姿で登場した。

 10代の終わりに男から女に生まれ変わったタレント・真境名ナツキ(29)の過去と現在をインタビューとドラマで構成した異色作。濱田はナツキの原点である少年時代を熱演している。女子高生の制服を着た濱田は「撮影以来スカートはいてなかった。久しぶりなので、スースーする。慣れてない」と苦笑い。役作りについては「学校のクラスの女子とか電車の中で女性の方とかすごく見てました」と明かした。

 濱田の女子顔負けの制服姿には真境名をはじめ、登壇者も絶賛。真境名は「すごいかわいくて隣に立って大丈夫かな?と思った。足もキレイ」と褒めたたえた。共演の藤田朋子(51)も「現場での濱田くんは女の子そのまま。間近で見ても男らしさがなかった。すんなり女の子ができて大丈夫かと心配するくらい役にハマっていました」と絶賛した。

 メガホンをとった古波津陽監督も「濱田くんがかわいく見えないと映画として成立しないので、濱田くんにかかってた。なので人選うまくいったな、と思いました」と手ごたえを明かしていた。

最終更新:9月17日(土)22時30分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。