ここから本文です

香川 途中出場も大勝ムードの波に乗れず…決定機逃し無得点

スポニチアネックス 9月18日(日)0時30分配信

 ◇ブンデスリーガ第3節 ドルトムント6―0ダルムシュタット(2016年9月17日)

 ドルトムントの日本代表MF香川はホームでのダルムシュタット戦に3―0の後半18分から途中出場。同32分にはゴール前で決定機を得たが、このチャンスをものに出来ず。“ライバル”達が次々と結果を残すなかアピール出来ないまま終わってしまった。

 ドルトムントは過密日程を考慮しFWオーバメヤンやMFゲッツェ、DFバルトラら主力を温存。香川が普段入ることの多い左インサイドハーフには、CLレギア・ワルシャワ戦で結果を残したポルトガル代表DFラファエル・ゲレーロが入った。

 試合は前半からドルトムントが圧倒。前半7分にMFゴンサロ・カストロが先制弾を決めると、後半3分にはFWアドリアン・ラモス、同9分MFプリシッチが追加点を挙げ3点のリードを奪う。

 香川は大勝ムードのなか、後半18分にラファエル・ゲレーロに代わって途中出場。同32分にはゴール前で味方のシュートのこぼれ球を拾い、右足のキックフェイントでGKをかわし、左足でシュートを放つが相手DFに防がれゴールならず。

 チームはその後、ゴンサロ・カストロが再びゴール決めるなど2点を追加し、6―0で大勝。香川とポジションを争うゴンサロ・カストロが2得点1アシスト、本職左SBのラファエル・ゲレーロも中盤で躍動し2戦連続で結果を残すなど、公式戦3戦ぶりの出場となった香川の立場はより厳しくなりそうだ。

最終更新:9月18日(日)1時14分

スポニチアネックス