ここから本文です

【ラグビー】石原慎太郎が3年ぶりトライ!サントリー開幕4連勝

スポーツ報知 9月18日(日)6時6分配信

◆ラグビートップリーグ第4節 サントリー45―15パナソニック(17日・秩父宮)

 7試合が行われ、昨季9位のサントリーが、4連覇を狙うパナソニックに45―15で圧勝し開幕4連勝とした。パナソニックは2勝2敗。サントリーはスクラム、ラインアウトのセットプレーで圧倒し、4季ぶり王座奪還へ、貴重な白星をもぎ取った。ヤマハ発動機は、昨季準優勝の東芝との全勝対決を40―6で制して勝ち点19で単独首位をキープ。トヨタ自動車が神戸製鋼に7―27で敗れ、全勝はヤマハ発動機と勝ち点18で全体2位のサントリーの2チームだけとなった。

 サントリーが王者パナソニックをFW戦で撃破した。公式戦では3度目の優勝を果たした12年度以来、パナソニックに4季ぶりに雪辱して開幕4連勝。新任の沢木啓介監督は「4節目にしてやっと自分たちのラグビーができた。出来は75点」と喜んだ。

 計6トライの猛攻。今季から強化したスクラムの成果が出た。開幕前に昨秋W杯で日本代表のスクラムを担当したマルク・ダルマゾ・コーチに鍛えられた。6トライ中半分をFW陣で奪取。前半30分の先制トライで、最優秀選手に選出された日本代表プロップの畠山健介(31)は「ダルマゾさんに感謝」と両手を合わせた。

 元東京都知事と同姓同名の4年目、プロップの石原慎太郎(26)は後半5分に自身3年ぶり2度目のトライに成功し、「いい経験させてもらいました。サントリーの営業でも、この名前のおかげでファーストインパクトは一番ですから」と満面の笑み。昨季9位から一気にV奪回へ。王者を圧倒したサントリーに“太陽の季節”がやってくる。

【関連記事】

最終更新:9月18日(日)6時6分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。