ここから本文です

リオ五輪代表の寺内健2位「体の重さが」 飛び込み

日刊スポーツ 9月17日(土)20時37分配信

<飛び込み:日本選手権>◇17日◇東京辰巳国際水泳場

 男子3メートル板飛び込みは、リオデジャネイロ五輪代表の寺内健(36=ミキハウス)が450・45点で2位だった。

 同代表の坂井丞(24=ミキハウス)が463・20点で2連覇を達成した。

 寺内は「助走がすごく良かったが、体の重さが予選の時からあった」と、連戦で疲れが取れていない様子だった。それでも、この日会場に姿を見せた、元競泳選手の北島康介氏からの応援に元気をもらい「尊敬する人たちからの応援はうれしい。力になる」と喜んだ。ただ、その後に「変な緊張感はありましたけど」と続け、報道陣の笑いを誘っていた。

最終更新:9月17日(土)20時39分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。