ここから本文です

宮里美香は後半は猛チャージで4アンダーで17位キープ

スポーツ報知 9月18日(日)6時6分配信

◆米女子プロゴルフツアー メジャー最終戦 エビアン選手権第3日(17日、フランス・エビアンリゾートGC、6482ヤード、パー71)

 第3ラウンド(R)が始まり、11位で出た米ツアー2勝の野村敏京(23)=フリー=は4バーディー、1ダブルボギーの69と伸ばして通算7アンダーで8位に浮上。17位スタートの宮里美香(26)=NTTぷらら=は4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの70で回って4アンダー。57位で出た上原彩子(32)=モスバーガー=は2バーディー、5ボギー、1ダブルボギーの76と崩れ、7オーバーとスコアを落とした。

 宮里美香は、前半つまずくも、後半は猛チャージで1つ伸ばした。5番で第1打をグリーン手前の池に入れてダボが先行。それでも、その後は粘り強くパーを拾い続け、13番から3連続バーディー。第2Rでベストスコア66をマークした好調なショットがこの日も光った。フェアウェーを外したのは1ホールだけ。持ち味の堅実なプレーに「ちゃんとフェアウェーを捉えれば、攻められる」と胸を張った。

最終更新:9月26日(月)7時12分

スポーツ報知