ここから本文です

【競泳】池江、女子高生モード全開のオフでも高校新人大会新記録で優勝

スポーツ報知 9月18日(日)6時6分配信

◆東京都高校新人競技大会(17日・辰巳国際水泳場)

 競泳の東京都高校新人競技大会が17日、辰巳国際水泳場で行われ、リオ五輪女子100メートルバタフライ5位の池江璃花子(16)=淑徳巣鴨高=が女子50メートル背泳ぎ決勝で29秒13の大会新記録をマークし優勝。オフでもぶっつけでも専門外の種目でも、格の違いを見せつけた。

 岩手国体後の12日からオフに入り「今もオフです」と、練習はしていない。「去年かおととしの中学の試合以来」という背泳ぎに気分転換を兼ねて出場。不慣れなスタートは予選では片足が滑るミスが出たが「決勝は浮き上がりもうまくいった」と笑顔だ。

 国体後は学校へ通い毎日のように友人たちとガールズトークをさく裂中。都内の人気店「山本のハンバーグ」で仲間と食べたハンバーグが最近一番の思い出だ。18日は午前中のメドレーリレーで一泳ぎしてから、文化祭へ向かう。残り1週間のオフを女子高生モード全開で満喫する。(高木 恵)

最終更新:9月18日(日)6時6分

スポーツ報知