ここから本文です

和田15勝、阪神Bクラス/17日プロ野球まとめ

日刊スポーツ 9月17日(土)22時18分配信

<プロ野球>◇17日◇マツダスタジアムほか◇6試合

【セ・リーグ】

◆中日小熊5勝、広島は本拠マツダの連勝12で止まる

【写真】ソフトバンク内川松田アベック弾「優勝するんだと」

<広島3-5中日>◇17日◇マツダスタジアム

 3回まで両チーム無得点の静かな立ち上がり。広島先発ヘーゲンズは3回2安打無失点。中日先発小熊も2安打無失点と上々。

 中日は4回に小熊の2点適時打で先制。5回にも犠飛などで3点を追加した。広島は4回に松山の適時打で1点かえした。

 中日が逃げ切った。先発小熊が5勝目をマーク。広島は先発ヘーゲンズが誤算。マツダスタジアムでの連勝が12で止まった。

◆ヤクルト逆転勝ちで東京ドームの連敗10でストップ

<巨人2-5ヤクルト>◇17日◇東京ドーム

 巨人は大竹寛、ヤクルトは杉浦が先発。ヤクルトは3回に2死満塁の先制機を迎えたが、バレンティンが三ゴロに倒れた。

 巨人は4回、村田の適時打などで2点を先制。ヤクルトは5回に1点を返し、6回には打者9人の猛攻で4得点を挙げた。

 ヤクルトは逆転勝ちで、東京ドームでの連敗を10で止めた。巨人先発の大竹寛は6回途中4失点で5敗目を喫した。

◆DeNA筒香V打で逆転勝ち 阪神はBクラスが確定

<阪神3-6DeNA>◇17日◇甲子園

 阪神が1回、2死一塁から4番ゴメスの22号2ランで2点を先行した。先発能見は3回を2安打無失点とまずまずの立ち上がり。

 DeNAが5回に先頭白崎の5号ソロで1点を返すと、さらに2死満塁から筒香が左中間への3点適時二塁打で逆転に成功した。

 DeNAが8回に倉本の2点適時打で阪神を突き放した。先発モスコーソは6回2失点で5勝目。阪神はBクラスが確定した。

【パ・リーグ】

◆ソフトバンクが逃げ切り、和田リーグトップ15勝

<ソフトバンク6-3オリックス>◇17日◇ヤフオクドーム

 ソフトバンクは初回に中村晃の適時二塁打で先制。松田も左前タイムリーで続いた。3回には内川のタイムリー二塁打で1点追加。

 オリックスは5回に安達の右前打などで2点を反撃。ソフトバンクは6回に松田の24号ソロで突き放す。和田は5回2失点で降板。

 ソフトバンクが逃げ切り、首位を守った。8回に内川の18号ソロ。和田はリーグトップの15勝目。オリックスディクソンは10敗目。

◆日本ハム14点大勝、増井は自身5連勝で8勝

<日本ハム14-6ロッテ>◇17日◇札幌ドーム

 ロッテは1回、荻野の左翼線適時二塁打などで2点。日本ハムは2回までに追いつき、3回はレアードの左前適時打などで6得点。

 ロッテは4回、1死満塁の好機をつくるが、大嶺翔が併殺打に倒れる。日本ハムも5回1死一、二塁の好機を生かせず無得点。

 日本ハムは7回、大谷の左犠飛、中田の左中間2点適時二塁打で3点を追加。継投で逃げ切り。増井は自身5連勝で8勝目。

◆西武菊池10連勝で12勝、楽天ペゲーロ弾も及ばず

<西武3-1楽天>◇17日◇西武プリンスドーム

 西武は3回に金子侑の二盗から好機をつくり、相手の適時失策で1点を先制。楽天は西武先発の菊池の前に3回まで2安打無得点。

 西武は4回に栗山の適時二塁打、5回に中村の適時内野安打で1点ずつを加点。3点をリードし、終盤に入った。

 楽天は8回にペゲーロの9号ソロで反撃も及ばず。先発菊池は6回途中で負傷降板も、自身10連勝で12勝目を挙げた。

最終更新:9月17日(土)22時51分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。